新車

f:id:wrbluebl5:20210505110214j:image

少し前の写真ですが、最近増えてきたE235系1000番台(F-10編成)甲種回送の一休みシーン。

この後、横浜方面に向かってゆっくり走り去っていきました。その様子を動画に収めている間、手前の線路を走る列車に被られやしないか、ヒヤヒヤしましたけど。汗

新車はやっぱり見てても乗っても気持ちいいですよね。最近は横須賀線に乗る時にE235系が入線すると少しうれしくなりますが、これが多数派になってくるとE217系ばかり追ってしまうのかなぁ。いやそんなこともないか…

東の車両は私鉄も含めてより新しい車両の方が進化洗練されてて、経年すると古さが目立つような気がします。車内ディスプレイなんかが特にそうで、このあたりはスマホを機種変した時に新しいのを手に取って進化しすぎてて、なんで今まで古いのを使い続けてたのか毎回自問自答してしまうのに似てるのですが、普段利用するようなEのつく形式は家電的な要素があって、純粋に鉄道を趣味として見れないところもありますね。(あくまで個人的見解)

 

 

f:id:wrbluebl5:20210505174754j:image

家電といえば、E235系のドット柄が電子レンジっぽいので巷では『スカレンジ』って呼ばれているみたいですね。今後、レンジのカラバリにも期待しながら。

 

 

上:2021/4/20撮影

下:2021/3/16撮影

E231系 マト139編成 横須賀色

基本的に国鉄型世代なので、Eから始まる形式はあまり詳しくないのですが、ウソ電のようなものがホントに現れるとなると、天邪鬼な性格が疼いて実車を見てみたくなりました。

 

E231系 マト139編成 横須賀色

f:id:wrbluebl5:20210503210420j:image

15時半頃成田駅に到着すると、運良く6番ホームにマト139編成が出発待ちでしたので、15:45発の870Mで我孫子まで乗ってみることにしました。

先頭車には成田線我孫子支線開業120周年のヘッドマークがそれぞれ異なるデザインで取り付けられていました。

 

16:28 我孫子到着後、向かいのホームから編成を収めることができました。

f:id:wrbluebl5:20210503205338j:image

この後回送列車として車庫に引き上げる運用でしたので、運良く乗車できて良かったです。

 

f:id:wrbluebl5:20210503205349j:image

15号車 クハE231-79  取手・成田寄り先頭車

 

 

f:id:wrbluebl5:20210503205420j:image

14号車 サハE231-216

 

 

f:id:wrbluebl5:20210503205443j:image

13号車 モハE231-139

 

 

f:id:wrbluebl5:20210503205501j:image

12号車 モハE230-139

 

 

f:id:wrbluebl5:20210503205516j:image

11号車 クハE230-79  上野寄り先頭車

 

 

f:id:wrbluebl5:20210503205546j:image

上野寄りから編成全体を収めた後…

 

f:id:wrbluebl5:20210503213012j:image

弥生軒のからあげそば(2個入り)を平らげました。

我孫子駅に来たからには食べずに帰れません。

 

 

f:id:wrbluebl5:20210503205611j:image

すっかりスカ色の方を見慣れてしまったので、オリジナルのエメラルドグリーンのE231系も一応撮っておきました。

 

恐らく(←ただの願望ですが)そのうちTOMIXが限定品でマト139編成セットを出してくるはずなので、そうなると買ってしまうのでしょうね。笑

ドナドナ?

イメージ 1

イメージ 2

すっかりご無沙汰してます。みなさまお変わりございませんか?

ブログのログインIDとPWを失念してしまい、コメント返しやみなさまの記事にお邪魔できず、申し訳ありません。携帯からの投稿ですが、この状況を続けるわけにもいきませんので、対策を講じたいと思います。

さて、鉄分もなかなか反応するようなネタも乏しく、悶々とした毎日を過ごしておりましたが、記憶と記録に残しておきたい2枚、ご紹介させて下さい。

まずは、2013/3/16ダイヤ改正で本線から撤退することになった205系。恐らく一番地味なネタでしょうね。また阪和線に転属というウワサもありますが、帯の色はどうなるのかなんて気にしているのは恐らく私だけでしょう。それにしても、東日本では一大勢力を誇った系列にも関わらず、関西ではどうして冷遇されるのでしょう?

そしてもう1枚は、何てことのない今現在の大阪駅前です。背後はえらいこっちゃな感じの佇まいになってますが、新快速の看板は三世代前の117系時代のもの。
さらにオレンジバーミリオン環状線は、数少なくなりましたが、103系が頑張っています。
ミスマッチの中に国鉄型がまだまだ主張するあたり、少し救われたような気がした、出勤前の朝のひとときでしたとさ。

KATO クハ111 初期型入線

イメージ 1

イメージ 2

久しぶりの模型弄りです。
先日リリースされたKATOのクハ111初期型を車番違いで3両、総本山でゲッチュ♪(^ー^)

いわゆる非ユニットサッシ、大目玉ライトが特徴的なやつで、こいつが一大勢力を占めていた頃は、座るの我慢して次の新快速にしようか~と避けて通っていたものです。恐らく大手二社もスマートな2000番台しか手をつけて来なかったのも、あまりにもスタンダード過ぎて勝負しにくかったのかも…
しかしながら我が地元では初期型とユニットサッシ車、末期には体質改善車略してカフェオレなんかと混結編成を組むもんで、仕方なくGMのキットを作ってみだりしてしのいでいたわけです。

前置きが長くなりましたが、初期型クハ111の導入で、JR移行後に登場した神ホシの113,115系の混結編成が再現できます。初期型のクハ111を両端に、片方はAU75クーラー、もう片方は分散クーラーにグロベン仕様。モハユニットは雪切室のある115-6000番台。サハはカフェオレの7000番台。
朝の通勤は新快速を避けて、カフェオレサハに腰掛け、爆睡していたのも、今や良いおもひでです(笑)

実車のイメージはこんな感じです☆ミ
http://train.khsoft.gr.jp/lib/aboshi113k12/

とりあえず、今からクハの冷改してみますf(^ー^;
それにしても、大目玉ライトのボワーンとした感じがたまらんです!o(^o^)o

ではまた~♪(^-^)/